FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

トランス脂肪酸について

2010.09.23 (Thu)

こんばんは、新人の木村です。

先日のトランス脂肪酸について、単に危険ですよと伝えただけでしたので、

もう少し説明をさせて頂こうかと思いましたので、トランス脂肪酸の事を書きますね。

トランス脂肪酸とは、そもそも、植物油へ水素を添加して、常温では液体の

不飽和脂肪酸を固体の飽和脂肪酸に無理やり水素添加することで硬化油を

製造することで、油脂を安価に製造する為の技術です。

代表的なものには、マーガリンやショートニング等です。

 ちょっとショッキングなのが、回転すし等で販売されているネギトロの脂分もこの

トランス脂肪酸で作られた油脂が使用されています。

トランス脂肪酸はLDL(悪玉コレステロール)を上げ、HDL(善玉コレステロール)

を下げ、心筋梗塞などの発症リスクを高くします。アメリカの疫学調査によれば、

トランス脂肪酸の摂取量が多いグループは、心臓疾患の発症率が高くなっています。

また糖尿病のリスクが増加することもわかっています。

トランス脂肪酸の摂取量が多く、心筋梗塞の問題が深刻な米国などでは、

より強い対策が必要ということで、規制も行われるようになってきました。

よくトランス脂肪酸は1日この程度あれば、安心だとか、問題ないなどの文章を

拝見しますが、実際は、「一食あたりの焼き物や揚げ物に3~4gのトランス脂肪酸が

含まれていると、健康に悪いのかそれとも心配することではないのか?」。答えは、

「常に不健康」。動脈を詰まらせる人工的な脂肪酸に適量や安全量と言うものはない

と言う研究結果が発表されております。

アメリカ科学アカデミーは、安全といえる数値は提示できないとしてり、摂れば摂るだけ

リスクは増えるので、できる限り減らすように勧めています。

 また国際連合世界保健機関(WHO)と食糧農業機関(FAO)との合同専門家会議では、

摂取エネルギーの1%未満にするように勧告しています。

しかし、残念なことに、1食に3g程度はトランス脂肪酸が含まれており、よほど

気をつけていなければ受動的に摂取していることになってしまう。

ファーストフード店や外食の多い方は特に注意が必要で、通常の摂取量よりも確実に

多く摂取しているはずです。

公式ショップサイト
【バイタルオンライン 】 http://vital-shop.jp/

↓お役に立ちましたらポチッとお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ  blogram投票ボタン
☆ブログランキング参加中☆
スポンサーサイト



テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

22:10  |  サプリメント  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vitalcares.blog62.fc2.com/tb.php/365-84ea76a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |